崇敬会

代表理事挨拶

『はるかな未来へ続く道』

阿智神社崇敬会 
代表理事 森田 昭一郎

倉敷の街の特異性を考えることがあります。

先人の残した文化土壌、そしてそれを具現化した街の有り様、世代から世代へと伝えられてきたライフスタイル、そうした伝統的な生活文化をきちんと保持しながら、なお新しい生活スタイルを生み出していこうとするこの地のエネルギーを私達は貴重なものとして受け取らなければなりません。

生き物は常に進化の道を前へ前へと進んでいきます。

それは変化していく環境への適応でもあり、命あるものが持つ宿命でもあります。そういった先人の過去の歩みがあってこそ、私達には現在があり、未来があるのです。幾千年、幾万年の歴史の意味をもう一度考えてみるべきではないかと思います。

阿智神社はこの街の鎮守の社です。私達は山のうっそうたる緑を眺めて育ってきました。

一木一草に、あるいは路傍の石一つに目に見えないものの存在を意識し、共に生き共に死するという日本人独特の精神性こそが世界に通用する独自の文化を育んでいくのではないでしょうか。

私達はそのことを認識し自らの行動の中に反映させ、次の世代へのメッセージにするべきでしょう。
鎮守の杜は私達の精神的な支柱であることをご理解いただき、物心共にご協力ご支援いただければ幸いです。

崇敬会について

“神は人の敬により威を増し 人は神の徳により運を添ふ”(貞永式目)
“めにみえぬ神のこころにかよふこそ 人の心のまことなりけれ”(明治天皇御製)

阿智の大神様のご神威の益々の発揚と、より多くの方に御神縁を深くお結びいただきたく、入会のご案内を申し上げます。

年会費と特典

年会費
特別会員 30,000円以上
正 会 員 10,000円以上
特 典

〇崇敬会祈願祭 参列案内
正月1日、2日、3日の午前9時より崇敬会祈願祭を執り行い、一年間の無事息災を祈念いたします。崇敬会祈願札、新年の御幣並びに参列者には御神酒を授与いたします。

〇御芳名掲示
絵馬殿に御芳名を記した木札を掲げます。特別会員の方には、正月及び春、夏、秋の祭礼に御芳名入りの提灯を献灯いたします。

〇社報・お茶券進呈
年に二回発行する社報『いわさか』(新春号・初夏号)を送付し、桜まつり(4月初旬)のお茶席招待券を進呈します。

ページ上部へ戻る